TOMO's BLOG

アラサー女の美容と健康と好きなこと

起動画面(Windowsのロゴ画面)から動かなくなった場合の対処法

本日夜、夕飯を食べ終えて考えました。

そろそろ重い腰をあげて、仕事をせねばならない。

今日は色々あったので、ほとんど仕事が出来ませんでした…

でもお客様にはそんなこと関係ありません。

納期は納期なのです。

 

Windowsを起ちあげて、AfterEffectsを起動。

編集を開始しようとしたら…

 

 

 

プツンッ

 

 

 

落ちました。電源が。何の前触れもなく。

 

今回使用しているPCは会社から配布されたもの。

HPEliteBook COREi7、OSはWindows7

決して新しくないこのノートパソコン、実はCDドライブも死んでます。

編集終わってDVD焼くときには、外付けドライブを付けるんですよね。

 

今まであったはずのものがなくなると、こんなに不便なんだ…

 

それまで「外付け」なんてHDDくらいだったので、内蔵型のありがたみここに極まれり、です。

 

で、まあそんなパソコンを使っているので、落ちても大して動じませんでした。

こういう時のために、普段使用しているもうひとつのノートPC(Mac)に、仕事関係のバックアップデータは取ってあります。

過去の仕事データは別の外付けHDDに入れてますし、何も困るまい。

 

そう思っていたんです。

 

再度、起動ボタンを押す時までは…

 

起動ボタンを押すと、黒画面が表示され、その後いつものようにWindowsロゴマークが出てきました。

 

 

 

あれ…?

 

え…

 

(血の気の引く音)

 

 

 

 

起動画面(ロゴ画面)から動かないじゃないですか…!!

 

結構本気で焦ったのですが、焦ったところでパソコンは動いてくれないので、

今回の対処法をまとめてみようかなあ、と思いました。

という訳で、

【起動画面(Windowsのロゴ画面)から動かなくなった場合の対処法】

です!!!

 

ネタバレですが、今回の一件は最終的にセーフモードで解決しました。

既にセーフモードを試された方で、今回この記事をご覧になっている方は、他の方法を探して頂いた方がいいかと思います。

自分で書いといて何なのですが、時間も勿体無いでしょうし…

前置きが長くてすみません…

 

 

 

 

では、はじめましょう!

 

 

起動画面(Winロゴ画面)から動かなくなった

まず…動かなくなってしばらく待ってみました。

どれくらいかと言うと、うーん…5分くらいですかね。

ぷかぷかしながらも内心少し焦っていたため、画像を撮ることができなかったのですが…

 

これが全く動かない。

 

仕方がないので、強制終了(電源ボタン長押し)→ 通常起動 を試してみました。

 

 

強制終了を試してみたら…

次のような画面が表示されました。

この時も私、まだ焦ってました。醜い腕がホラーの類のように写り込んでますね。

お見苦しくて申し訳ないのですが、このまま先へと進みます。


f:id:mailaddress04:20180619210146j:image

 

ダメ元で通常起動の方を試してみました。が、予想通り何の成果もありませんでした!!!

仕方がないので、「スタートアップ修復の起動(推奨)」を選択します。

 

 

スタートアップ修復

「スタートアップ修復」とは、Vista以降で使えるようになった機能ですね。

正常起動を行えなかった場合、自動修復を試みてくれるのです。

押してみると、またホラーのような…あ!私の腕でした!


f:id:mailaddress04:20180619210207j:image

 

ファイルを読み込んでいます…

 

いちいち待たされますが、この辺りから「焦ってもしゃーない」と思い始めてきました。

そして次に表示された画面がこちら。


f:id:mailaddress04:20180619210232j:image

 

「コンピューターを開始できませんでした」

わかっとるわーい!!!

これが、私の場合は10分くらい待たされました。

仕方がないので、再度ぷかぷかして、戻ってくると…


f:id:mailaddress04:20180619210255j:image

 

復元…!なんだか嫌な響き…

「この修復で個人用データは変更されませんが、最近インストールされたいくつかのプログラムは削除される場合があります。」

でもやるしかないんでしょ。と、「復元」ボタンをぽちり。


f:id:mailaddress04:20180619210313j:image

 

また10分くらい待たされ…

次に表示されたのが、


f:id:mailaddress04:20180619211233j:image

 

こちら。

 

スタートアップ修復ではこのコンピューターを自動的に修復できません

 

OMG!なんてこった!!!

結構凹みましたね。

「最近のWindowsは自動で修復してくれるのかー」

「便利な世の中になったなあ」

なんて、気を抜いて眺めていたので、固まりました。

 

【この問題についての情報を送信する(推奨)

【送信しない】

 

送信すれば、今後Microsftが解決策を作るのに役立つのかもしれない。。

そうすれば、今後誰か別の人を…ひいては世界の人を救うことになるのかもしれない。。

 

だが!今ではない!!(謎)

 

悠長に構えていても、納期はあるんです。

そんなことよりまず、次のステップに進みたかった。

 

 

セーフモードで起動

文明の利器(スタートアップ修復)に頼りきっていた挙句、ついに裏切られました。

 

つらい…(´・ω・`)

 

仕方がないので(←3回目)エラー発生時の基本中の基本。

セーフモードを試すことに。

 

セーフモードとは、コンピューターに何らかの不具合が生じた際、それを診断するために使用する起動モードのことですね。

セーフモードで起動するだけでエラーが直ったり…なんてことも多々あるので、

ソフトの起ち上げ直しが駄目再起動が駄目、となったら、私は次にセーフモードを試します。

 

セーフモードで起動するためには、Windws7の場合、

①電源ボタンを押す

②F8キーを何回か押してみる

という手順。

 

すると、

 

なんと!!!


f:id:mailaddress04:20180619211245j:image

 

起動するじゃないですか!!!

 

もうパソコンご臨終かもな…とか考えていた私に、一縷の望みが見えてきました。

セーフモードで起動できるなら、次は通常起動を試してみればいいじゃない。

 

 

通常再起動

起ち上がりましたよ、皆様。

私の大好きなPAUL&JOEのデスクトップが見え隠れしていますね。


f:id:mailaddress04:20180619211257j:image

 

ちなみに、ここで再度AEを起動してみると、キャッシュ作成時にエラーが発生しましたが、普通に編集作業できました。

 

 

まとめ

と、いうわけで、皆様!

エラー不具合等の基本は再起動!それが駄目ならスタートアップ修復!

それでも駄目なら、セーフモード!!

今回は正直、この程度でありがたかったです。

ポンコツPCなので、今度はどんな不具合が起きるやら…