TOMO's BLOG

アラサー女の美容と健康と好きなこと

靴はいいものを買うべき

本当に、マジで。

これをご覧になった方がいたら、切に訴えたい。

 

靴はいいものを買うべきである

 

と。

何を時代錯誤なことを、と思われるかもしれない。

確かに昔は、靴やバッグは良いものを持つ風潮があった。

「オシャレは足元から」なんて言葉もあったくらいだ。

 

だかしかし、近年コスパのいい靴もたくさん出ているではないか。

 

そんなことは知っている。百も承知なのである。

だって、私自身その恩恵にあやかってきたのだから。

H&Mとか、ユニクロとか、GUとか、低価格で靴を販売しているところは山程ある。

なんなら、古着屋にだって売っている。

 

だが、再度言わせていただこう。

 

 

靴はいいものを買った方がいい。

 

 

でないと、こうなるのである。

 


f:id:mailaddress04:20180621145606j:image

 

つらい。恥ずかしい。

このまま出社したくない(´;ω;`)

 

ちゃんとした靴を買っておけばよかった…

いや、仕事が終わったら一番に良い靴を買いに行こう。

 

私の知人にも安価な靴を買う女性がいた。

彼女には彼女なりの心構えと覚悟があった。

おそらく、彼女であれば、今の私のような事態には陥るまい。

このような失態をおかしたとしても、涼しい顔をしているだろう。

なんたって彼女は、いつも何処へ行くにも瞬間接着剤を持ち歩いていたのだから。

 

私のような半端者は駄目である。

 


f:id:mailaddress04:20180621150258j:image

 

ちぎれたベルトをもうひとつのベルトに通して誤魔化すことしかできない(´;ω;`)

 

恥ずかしい…恥ずかしい…

穴があったら入りたい…

 

人通りの多い道で転んだ時のように、素知らぬふりをすることでしか自分を保てない。

 

みなさんも、靴を買うときには、ちょっぴり背伸びをして良い靴を選ぶことをオススメする。

もしくは、私の知人のように、瞬間接着剤を持ち歩いてみてはいかがだろうか?

そうすれば、決してこのような辱めを受けることはないだろう…

 

 

 

追記

仕事の帰り道、もう片足のベルトも取れました。


f:id:mailaddress04:20180621162622j:image

 

つらい…靴買いに行こう…